乳酸菌を含む食べ物

乳製品

腸内環境を整えてくれる乳酸菌ですが、意外と多くの人がどんな食べ物に含まれているか知りません。

どんな食べ物に多く乳酸菌が含まれているか知り、普段の食生活にも上手に役立ててください。

乳酸菌を多く含む食べ物

乳酸菌には動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があります。

動物性乳酸菌はチーズやヨーグルトなどの発酵乳食品です。

チーズは加熱処理をされていないナチュラルチーズの方が、プロセスチーズよりも乳酸菌を摂取する上では優れています。

そして植物性乳酸菌はぬか漬けやキムチ、納豆など植物を発酵させて出来た食品です。

キムチは汁まで乳酸菌が多く含まれているので、汁も有効活用しましょう。

また醤油・味噌などの調味料にも多く含まれているため、毎日和食の食事をしていれば飽きることなく乳酸菌を摂ることができるでしょう。

晩酌をする方はワインや日本酒など乳酸菌発酵を利用して作られるお酒を飲むといいでしょう。

温度にも注意

乳酸菌を効果的に摂りたいなら、温度にも気をつけなければいけません。

同じ量の乳酸菌を摂取しても、温度によって効果に差が出てくるからです。乳酸菌にとって一番増殖しやすい温度は37Cくらいだとされています。

逆に高すぎると乳酸菌が死んでしまうので、高温過ぎてもいけません。

60°Cで乳酸菌は死に始め、100°Cを超すと一瞬にして死滅してしまいます。

ですが死んでしまっても乳酸菌の効果が失くなるわけではありません。

乳酸菌を作る成分が腸に吸収されることでも、体にとっては良い影響を与えてくれるとされています。

乳酸菌を多く含む食材を食べる時に気をつけたいこと

①一度に食べ過ぎない

乳酸菌を多く含む食材だからと張り切って食べ過ぎるのもいけません。

たくさんの食べ物が胃の中に入ってくると、胃を守るために大量の胃酸が分泌されます。

乳酸菌は酸に弱いため、生きて腸まで届かなくなります。

②空腹時は避ける

空腹のレベルにも色々ありますが、極限状態にある時には食べ物を見ただけでも胃酸が分泌されます。

乳酸菌を摂取するには空腹時は避けましょう。

③子供の摂取量に気をつける

乳酸菌が含まれている食材の代表となるヨーグルトや乳酸飲料などは、子供さんへのおやつとしても活躍しているでしょう。

ただいくら乳酸菌が体に良いといっても、ヨーグルトなどの乳製品を過剰に摂ると肥満につながります。カロリーオーバーとならないよう摂取量に気をつけましょう。

まとめ

このように、実は乳酸菌を含む食べ物は私たちの日常生活の中に多くあります。

効果的に乳酸菌を摂取するためにも、調理方法だけでなく食べる量やタイミングにも気を付けたいですね。

zendamaranking


公開日:
最終更新日:2015/02/10

PAGE TOP ↑