善玉菌を増やす要因

菌の働き

私たちの健康は腸内環境にかかっています。そして腸を元気にするためには善玉菌を増やさなければいけません。どうすれば善玉菌を増やすことができるのか、その方法をご紹介します。

・食生活に気を付ける

まず大事なことが善玉菌を増やす食べるものを意識することです。そのために3つのポイントがあります。

①善玉菌を多く含む食材を食べる
乳製品や発酵食品を積極的に食事に取り入れましょう。納豆菌には悪玉菌を殺す作用もあります。

②善玉菌のエネルギー源を補給する
オリゴ糖やグルコン酸など、善玉菌のエネルギー源となるものを善玉菌と一緒に取ることで効果的に善玉菌が増えます。オリゴ糖とグルコン酸の両方を含むはちみつをヨーグルトにかけたりすると効率よく摂取できます。

③食物繊維をしっかり
豆類・きのこ・海藻・イモ類など食物繊維をたっぷり含んだ食材は、スムーズな排便を促します。ココアも食物繊維が豊富なので、おやつの時間も上手に活用しましょう。

・適度な運動をする

排便に必要な筋力を付けそれを保つためにも適度な運動が必要です。また適度に体を動かすことは、肥満防止やストレス発散にも効果があります。
ジムに通うなど大げさなことをしなくても、毎日の出勤で一駅だけ歩くようにする、車で行く買い物を自転車に変えるなど生活の中で無理なくできることをするように心がけることで自然と運動が習慣になります。運動をして適度な疲労感があると、夜もぐっすり眠れるでしょう。しっかりと体を休めることも善玉菌を増やすことにつながります。

・腸内の善玉菌を守るために避けたいこと

①水道水を飲む
日本に水道水には塩素が多く含まれています。善玉菌は塩素にとても弱いため、水道水を飲むことにより善玉菌が減少し悪玉菌が増えてしまいます。

②抗生物質を控える
抗生物質を服用すると悪玉菌だけでなく、善玉菌も死滅させてしまいます。善玉菌がいなくなると悪玉菌が増殖してしまうため、抗生物質を安易に服用することを避けましょう。また服用する際には善玉菌を増やす食事を一層心がける必要があります。

まとめ
体調を崩してしまった後で、健康を取り戻すことはとても大変です。普段から栄養バランスを考えた食事を食べ、適度な運動をするなど生活の中で気をつけることで、腸内環境を整え自然治癒力を高めていきましょう。